中田ショーン晃介

パルププラントや製紙関連設備・機器などを取り扱う素材プラント部。その中で、中田さんは製紙会社向けのほか、官公庁向けの入札案件も担当しています。官公庁は民間企業に比べると、得られる情報が限られていたり提案内容に制約があったりと、受注までの道のりは決して楽なものではないようです。しかし、厳しい制限の中でも自分にできることを一つずつ増やし、今後も実績を残していきたいと語る中田さんに、第一実業を選んだ理由や自己成長のために努力していることを伺いました。

数ある企業(商社)の中から
第一実業への入社を決めた
理由を教えてください。

私は大学で法律を学んできた生粋の文系ですが、日本の強みでもある「ものづくり」に関わる仕事がしたいと思っていました。第一実業は産業用機械全般を取り扱う専門商社であり、グローバル展開だけでなくあらゆる業界の中で活躍できる場があるため、私の理想にマッチしていると考えました。また、「直感」もありました。第一実業の面接はグループ面接ではなくすべて個人面接で進められており、当時学生だった私の話を社員の方が真剣に聞いてくださったことは今でも記憶に残っています。面接が進んでいくにつれ、志望する度合いは益々強くなり、「ここしかない!」と決めていました。

社会人になって得た
“気づき”を
教えてください。

「情報の大切さ」です。取引によっては得られる情報がとにかく少なく苦労しますが、だからこそ、どんな小さな情報であっても非常に重要なものになってきます。競合他社がひしめき合う中で、自社が持っている情報量が少しでも多ければ受注に近づくことができるため、メーカーと連携を取りながらお客様が求めるビジネス全体の調整を図り、いかにして受注につながる情報を入手するかを日々工夫しています。こうした交渉の中で、周囲への気遣いやスピード感のある対応を学ぶことができ、学生の頃と比べると圧倒的にコミュニケーション能力が向上したのではないかと思います。

自己成長のために
行っていることは
ありますか?

どんなことに対しても「自分の意見を持つ」ことを意識しています。これまでの自分は、物事に対して多くの疑問を持たず、興味のないことには全く無関心な生活をしてきました。しかし、上司とお客様を訪問した際など、自分の意見を問われることが多く、このままではダメだ!と感じるようになりました。商社パーソンにとって、些細なことにも疑問を抱き、調べ、そして自分の意見を持つということは、必要不可欠なことだと実感しました。また、「これは当たり前」と決めつけて思考を停止させるのではなく、周囲のさまざまな意見を取り込めるよう、常にアンテナを張り巡らしています。

第一実業を選んで
よかったと思うポイントを
教えてください。

若手社員であっても大きな仕事を任せてもらえるところですね。例えば、私が担当している官公庁の入札案件も、本来であればより多くの人脈を持ち、より多くの経験を積み、ノウハウを持った先輩社員が担当をしたほうが良い結果を出せるかもしれません。しかしその担当を私に任せてもらえるのですから、それだけ若手社員を信じ、経験させてくれる会社なのだろうと感じています。正直、まだまだ分からないことだらけで大変さを感じていますが、この経験が今後に生きてくることは間違いないと思います。実際に、チームの先輩たちも頭の回転が速く、個性豊かな人が多いので、こうした環境の中で貴重な経験を積むことができ、第一実業を選んで良かったとあらためて感じています。

このインタビューを
読んでいる学生の方へ
メッセージをお願いします。

自分が信じた考えや方法を貫くことが一番だと思います。就職活動をしていると、ゼミやサークルなどの先輩等から多くのアドバイスをもらいますが、情報が錯綜し、一体何が正しいのか分からなくなってしまうこともあるかと思います。さまざまな意見を聞くのは大切なことですが、必ずしも「先輩たちの言うこと=正解」ではありません。先輩たちのアドバイスを鵜呑みにして行動するのではなく、自分を信じ、自分なりのやり方で就職活動を楽しんでください。

プロフィール

  • 中田 ショーン 晃介
  • SEAN KOSUKE NAKATA
  • 素材プラント部
  • 2015年入社
  • 法学部卒

一日のスケジュール

08:40
出社&やること確認
09:30
メーカーさんと客先訪問し、打合せ
11:00
お客様と打合せ
12:00
昼食
14:00
入札
17:00
帰社し、見積作成、メール対応
19:00
帰宅

社会人お薦めグッズ

高校生の時から使用している手帳。中身が変えられるタイプなので、必要に応じてカスタマイズしています。

一問一答

  • Question
    語学はいつから
    勉強していましたか?
    Answer
    父との会話が一番の勉強
    だったと思うので、
    物心のつく前からです。
  • Question
    大学時代の
    サークルや部活は?
    Answer
    ラグビーサークルに
    所属していました。
  • Question
    商社で働くことの醍醐味は?
    Answer
    自分の考え次第で
    なんでもできるところ。
  • Question
    第一実業のここがスゴい!
    Answer
    事業領域の幅広さ。
  • Question
    モチベーションを
    あげるコツは?
    Answer
    自分が結果を残すところを
    想像する。
  • Question
    将来の夢は?
    Answer
    ジェネラリスト
  • Question
    お休みの日は
    何をしていますか?
    Answer
    映画・海外ドラマ鑑賞、食事
  • Question
    おススメ商社マン(社会人)グッズは?
    Answer
    手帳