五十嵐 光佑

「とにかく海外に行きたい」という強い想いから、入社からわずか半年の時に海外研修制度を利用しようとした五十嵐さん。「『まずは、基本的な仕事を覚えてからだ!』と上司から却下されたことは今では良い思い出です。」と語ります。新しいビジネスチャンスを少しでも早く掴むために努力したこれまでの経験を伺いました。

数ある企業(商社)の中から
第一実業への入社を決めた
理由を教えてください。

商社には世界を舞台に常に新たなことにチャレンジするというイメージがありました。発想と知恵とフットワークで勝負できる仕事をしたいと思っていたので、最終的にはこの業界以外考えられませんでした!その中で第一実業に決めた理由は「雰囲気」。抽象的で曖昧な表現かもしれませんが、ここでなら自分らしくのびのび働けると感じました。日々革新があり、興味があった「機械」を主要品目として取り扱っていること、深い繋がりを持てる500名という従業員規模、海外拠点がエリアに偏りなく数多くあったこと、出会った方々が刺激的な人達であったことからそのような雰囲気を感じたのかもしれませんが、実際その直感は間違っていませんでしたね。

海外研修制度を利用して、どこの国
にどのくらいの期間行きましたか?
また研修で得たものは
どのようなものですか?

インドネシア(ジャカルタ)に8週間、シンガポールに5週間、ベトナム(ハノイ・ホーチミン)に2週間、インド(デリー・バンガロール)に8週間、合計で約半年間海外研修に行きました。これまで、メールや電話連絡で物流業務を行っていましたが、実際に輸入側の物流現場へ行ったことで、貿易に関する各国特有の“常識”を知ることができただけでなく、実際にトラブルが起きている現場へ突入し実務を行えたことで、より具体的に生きた情報や解決方法を身につけることができました。また、当社のナショナルスタッフはもちろん、フォワーダーや取引先の方々と国籍を問わず人間関係を構築できたことは今後の財産になりました!

海外で働く面白さや難しさは
どんなところですか?

正直なところ仕事の中身に関しては、日本も海外も大きく変わらないと感じました。どちらも直面した困難な課題を解決し、誰かの役に立つことで存在価値を出すという意味では場所と人種が異なるだけで、本質的な部分は何も変わりません。そういう意味で「地球は意外と狭い」と感じましたね。また、活気のある新興国で仕事をするという環境の部分ではやはり面白さは桁違いだと感じました。言葉で表現するのは、非常に難しいですが、これから発展していく勢いや政策を肌で感じ、いつ何が起こるか分からない状況で関係者が協力しながら何とか形にしていこうというところは非常にやりがいを感じます。これは海外旅行では味わえないことだと思います!法律や規制が1ヵ月で変わったり、役所の担当者によって見解が大きく異なったりなど、難しさも数多くありますが、インフラすら整っていない中、この難しい状況を知恵を絞り進めていくことが、結局のところ楽しいと感じる部分です!

今後、この経験を生かして、
どのような仕事を
していきたいですか?

残念ながら「どこでもドア」はありません。いくら素晴らしい機械があったとしても、人の手を通して国を跨いで届けなければなりません。そこにはさまざまな規制やリスクがあり、誰かがアクションを起こして課題をクリアしていかなければなりません。第一実業には数多くの海外拠点があり、今後も増えていくと思います。このネットワークと海外研修で培った知見・人間関係を生かし、より貿易に強い商社となるべく新たな貿易スキームの構築や各国特有の政策・制度に合わせた貿易コンサルティング業務をしていきたいと考えています。

このインタビューを
読んでいる学生の方へ
メッセージをお願いします。

新卒採用での就職活動は今しかできない貴重で面白い経験です。思う存分楽しんでください。就職はゴールではありませんし、入社する企業とは長い付き合いになると思います。企業といっても中身は人ですから相性があります。身だしなみはちょっとカッコつけるくらいにして、自分に嘘をつかず素直に活動する方が良いと思います。また、せっかくの機会ですから、就職するためだけに活動するのではなく、そこでたくさんの人と知り合うと面白いのではないでしょうか。私も就職活動を通して知り合った同世代の仲間とは今でも飲んだりしています。これも何かの縁ですので、興味があったらぜひ飲みに行きましょう!(笑)

プロフィール

  • 五十嵐 光佑
  • KOSUKE IGARASHI
  • 国際業務部
  • 2007年入社
  • 経済学部卒

一日のスケジュール

11:00
出社(フレックス利用)
11:30
メールチェックと業務リスト作成
12:00
ランチミーティング(部会)
13:00
フォワーダーとメキシコ向け打ち合わせ
14:00
新規フォワーダー来客対応
15:00
客先訪問インドネシア打ち合わせ
17:00
営業部とインド向け設備打ち合わせ
18:00
営業部とブラジル向けデモ機打ち合わせ
19:00
タイ向け設備のBOI制度調査
21:00
メキシコ向け搬入
段取り図の作成(緊急)
23:00
メキシコ支店との電話会議(ローカルタイム午前8時)

社会人お薦めグッズ

COOLという通気性抜群のビジネスシューズはアジア出張の際、大活躍します!スコールには要注意ですが。

一問一答

  • Question
    語学はいつから
    勉強していましたか?
    Answer
    入社後、仕事を通して
    勉強していきました。
  • Question
    大学時代の
    サークルや部活は?
    Answer
    テニスサークルに
    所属していました。
  • Question
    商社で働くことの醍醐味は?
    Answer
    世界の変化を肌で
    感じられるところです。
  • Question
    第一実業のここがスゴい!
    Answer
    よく働き、よく飲み、
    よく遊ぶところです!
  • Question
    モチベーションを
    あげるコツは?
    Answer
    社内外問わず切磋琢磨できる方々との飲み会。
  • Question
    将来の夢は?
    Answer
    DJKの海外ネットワークを
    活用した貿易スキームを
    構築し、事業のひとつに
    することです。
  • Question
    お休みの日は
    何をしていますか?
    Answer
    テニスやバスケなど
    スポーツをすることが
    多いですが、国内外問わず
    旅行にもよく行きます。
  • Question
    おススメ商社マン(社会人)グッズは?
    Answer
    COOLという通気性抜群の
    ビジネスシューズは
    アジア出張の際、
    大活躍します!
    スコールには要注意ですが。