長谷川 貴生

入社以降一貫してエレクトロニクス業界に携わり、現在は主に海外企業へ向けた電子機器関連設備の営業活動を行う長谷川さん。海外駐在も経験した長谷川さんに、DJKで働く面白さや難しさ、そして商社パーソンとしての視点などを伺いました。

今は会社でどのような仕事を
しているのですか?

スマートフォンやパソコン、家電製品、車などに組み込まれている電子制御基板を生産するメーカーに対して、それらの生産ラインに必要な設備を提案および販売しています。入社2年目から海外市場を担当しており、その後、約10年以上韓国市場を担当してきました。皆さんも良くご存知のスマートフォンメーカーに対しても、多くの設備販売実績があります。現在は各支店のスタッフと協力し、南アジアのローカル企業を中心とした営業活動を行っています。エレクトロニクス業界では工場をグローバルに展開している企業も多いため、海外出張も必然的に多くなってきます。

仕事のやりがいや
大変なところは
どのようなところですか?

お客様の多種多様なご要望に対し、設備や技術力を持たない商社がどのようにして応えていくのか、答えが常に求められる点です。技術力が足りないのであれば、仕入先に対して何をどうすれば競合他社に勝てるかといった確固たる情報を提供しなければなりませんし、技術力以外の付加価値が求められる場合は、それが購入価格なのか、サービスなのか、その他に理由があるのかを考え、商社としてどこまで対応できるのかの判断が必要となります。大変と感じる反面、お客様からも仕入先からも我々商社がいないと取引が成り立たないと言わしめるような付加価値や存在感を自分の力で作り出すところが、この仕事のやりがいではないでしょうか。

数ある企業(商社)の中から
第一実業への入社を決めた
理由を教えてください。

後に同期になる内定者たちの存在と、選考中に感じた人事部の雰囲気が入社の決め手です。同期は今でも定期的に集まるほど仲がいいですが、就職活動を行っていた当時も、最終面接が終わり内定を取得する前から内定者同士が帰りの新幹線の中で将来の夢を語りあうような、熱い雰囲気がありました。今から考えると、学生が思わず将来の夢を語ってしまうような活気が、第一実業の社内の中でみなぎっていたのだと思います。そしてその活気は、今もなお第一実業の中でパワーアップしているように感じます。 また、採用活動中に人事の方々から熱い思いを感じることができたのも大きな理由です。何社か入社試験を受けましたがこのような感覚になった会社はなく、「人」を見て判断する会社だと感じ入社を決めました。

学生が第一実業を選ぶ
メリットを教えてください。

海外駐在はもちろんのこと、海外を相手に仕事をしたいと考えている学生にとって、第一実業は入社年次に関係なく誰でも海外で活躍するチャンスのある会社です。商社=海外駐在員を地で行くような会社ですので、そのような目標を持った方は是非チャレンジしてください!第一実業という社名は学生にとっての知名度は低いかもしれませんが、世の中に存在する製品の中で第一実業のメンバーが関わっているものは数知れず、そういった意味では色々な角度から世の中に貢献できる会社ではないでしょうか。 人との出会いや関わり方も無限です。何年たっても成長できる会社であると思います。

このインタビューを
読んでいる学生の方へ
メッセージをお願いします。

自分がやりたい、やってみたいと思える仕事を会社選びの中心に考えることは勿論ですが、どのような人たちと、どのような環境で仕事をしてみたいか、という観点も会社を選ぶ基準にしてみてはいかがでしょうか。例えば、会社の廊下などはその会社のありのままの雰囲気が見えると思います。緊張した顔をしてエレベーターをおりてくる学生に対して笑顔で挨拶をしてくれる社員や、廊下ですれ違う社員が真剣に仕事の話をしていたり、笑って雑談していたり…。会社の廊下ってその会社のありのままが見えると思います。第一実業のフロアにおりたとき、きっとあなたの将来のヒントが見えてくると思います。

プロフィール

  • 長谷川 貴生
  • TAKAO HASEGAWA
  • 海外実装部
  • リーダー
  • 2001年入社
  • 外国語学部卒

一日のスケジュール

08:30
出社、メールチェック
09:00
部内ミーティング
10:00
訪問先での打ち合わせ資料作成
11:00
新幹線で移動/移動中に見積書作成
13:00
トルコ向けプロジェクトの打ち合わせ
16:00
打ち合わせ終了
17:00
新幹線内でメールチェック
18:00
帰社
18:30
本日の打合議事録まとめ/関係者にメール配信
19:00
後輩の見積チェック
20:00
駐在員時代の仲間と飲み会
23:00
帰宅、子供の寝顔に癒される

社会人お薦めグッズ

計算機

一問一答

  • Question
    語学はいつから
    勉強していましたか?
    Answer
    学校の授業のみ。
    大学では
    デンマーク語を専攻
  • Question
    大学時代の
    サークルや部活は?
    Answer
    中学から大学まで
    野球部一筋!
    全てで主将を経験!
  • Question
    商社で働くことの醍醐味は?
    Answer
    お客様や仕入先から
    頼られる存在である
  • Question
    第一実業のここがスゴい!
    Answer
    営業力。
    決めたことに対する
    突進力
  • Question
    モチベーションを
    あげるコツは?
    Answer
    子供の屈託のない笑顔
    飲み仲間の笑顔
  • Question
    将来の夢は?
    Answer
    革新的な技術を持った
    製品の立ち上げ
  • Question
    お休みの日は
    何をしていますか?
    Answer
    朝起きてランニング。
    その後、子供と遊んだり、
    買い物をしたりしながら
    一緒に過ごします。
    そして、たまに野球
  • Question
    おススメ商社マン(社会人)グッズは?
    Answer
    計算機。
    入社してすぐに購入し、
    大きな利益を
    作り出すために
    日々計算キーを
    叩いてます