事業領域

プラント・エネルギー事業

あらゆる産業の基礎を支える

電気、ガス、石油。私たちの生活はこうした資源によって支えられています。
DJKは、創業時から主幹事業としてエネルギー開発分野に従事し、
近年では新エネルギーとして期待されているメタンハイドレートの
試掘機器の提供のほか、太陽光発電やバイナリー発電など、
再生可能エネルギーによる設備の取り扱いにも注力しています。
原料から製品になるまでの石油、ガス、化学、肥料など様々なプラントに
必要な設備を仕入れ、グループ会社の技術によりエンジニアリングを行い、
石油精製会社や化学会社向けに販売しています。
私たちは人々の生活を豊かにしていくため、これまで培ってきた豊富な経験と
確かな技術を最大限に生かし、あらゆる産業の発展に寄与します。

産業機械事業

産業発展に大きな役割を果たす

私たちの身の回りにある家電製品や自動車、二輪車。誰もが購入できる
ペットボトル飲料やカップ麺。これらに使われているプラスチック製品は、
各種成形機や自動化設備などによって世界中の工場で製造されています。
量産体制への課題やコスト意識が高いモノづくりの現場において、
近年では設備単体のみならず各製造工程をつなぐシステムや
工場全体に関わるソリューション提案も盛んになっています。
世界各地の環境や境遇に見合った最適な設備を提案することで生産現場を支え、
商材開発への協力などを通じて付加価値を示しています。

エレクトロニクス事業

ものづくりの新しい可能性を探る

スマートフォン、タブレット端末といった電子機器製品に
組み込まれている半導体。半導体はいわば脳の役割として製品を動かしており、
あらゆる電子機器製品に必要不可欠なものです。
DJKは、電子部品を実装する装置や半導体・液晶モジュール組み立て装置などを
取り扱っており、世界市場においてシェア7%となっています。また、実装プロセスの
最適提案からアフターサービスまでの全工程をサポートしています。
私たちは、電子部品実装装置メーカーの技術者、アフターサービスを
行う専任者の情熱とともに、進化するエレクトロニクスに対応し、
最先端の技術を提供することで、より精密な製品開発に貢献していきます。

ファーマ事業

人々に安全・安心を提供する

世の中を動かしている人々がこれからも社会を活性化させていく
原動力で在り続けるためには、安心・安全に暮らせることが重要です。
DJKは、医薬品の製造工程に必要な機器や装置を取り扱っており、
とりわけグループ会社である第一実業ビスウィル(株)が製造する
錠剤外観検査装置は、医薬品業界においてトップシェアを誇ります。
私たちは人類の生命を守り活力を与えるという大きな使命感を持ち、
医薬品分野の一翼を担うことで、人々の暮らしの安心・安全を提供していきます。

航空事業

空の輸送をサポートする

航空機が安全に空を飛ぶ背景には、
地上における航空機へのメンテナンスやサポートが必要です。
DJKは、空港での地上支援設備および空港施設関連機器などを
取り扱っています。例えば、機体に付着する氷雪を防止・除去する
デアイサー、航空機を牽引・補助するトーイングトラクター、
空港での災害に備える化学消防車などがあります。
私たちが普段当たり前のように利用している空港では、
こうした地上支援設備が活躍し、空の安全を見守っています。
地域や国境を越えた人々の交流をもっと自由に。そのために私たちは、
これからも空の輸送をサポートしていきます。